ギンにーたんとジン犬

猫の銀太くん(ロシアンブルー 男の子)と、犬の仁くん(チワワ 男の子)の成長記録です。

お花の時間、揺れる乙女心

f:id:mama-mamico:20170523183141j:plain

あ、あははー(乾いた笑い)

さぼるっていうと聞こえが悪いけれど、
G.W が終わってから、ビックリするくらいバタバタしていて
まだ先が見えない感じ…

f:id:mama-mamico:20170523183152j:plain

あぁ、それはね「ドライにした花びら」達を小型ジップロックに詰めた
ママの『乾燥お花コレクション』だよーー

f:id:mama-mamico:20170523183201j:plain

イエース。そうでーーす。

f:id:mama-mamico:20170523183210j:plain

切り花を楽しんだ後、少しだけ早いかな?というタイミングで花を摘み取り
専用の乾燥材を敷いたタッパーにお花を埋めて、電子レンジで1分。

とーっても簡単に、キレイな色を残したままのドライフラワーが出来あがるんです。

春にせっせと集めた桜の花びらもドライにして保存しています。(うふふ)

f:id:mama-mamico:20170523183224j:plain

よくぞ聞いてくれました!!!
乾燥させた花びらはね…

f:id:mama-mamico:20170523183233j:plain

あー、ちょっと分かりにくかったと思うんだけど
「お花のキャンドル」に加工するためのコレクションなのぉ~~

f:id:mama-mamico:20170523183243j:plain

イエース。そうでーーす。

f:id:mama-mamico:20170523183252j:plain

道具は全て100均で揃えたんだけれど、
お仏壇用の白い蝋燭を湯煎で溶かして、中の芯を取りだします。

丸くて平べったいキャンドル(12個入で100円)の中の芯を外してから
それを二つ重ねて、先ほど取り出したお仏壇ろうそくの芯を差し込んで
紙コップの中に入れます。

丸いキャンドルと紙コップの間にドライフラワーを敷き詰めたら
溶かしたロウをゆっくりと注ぎ入れて固めるだけ!!!

f:id:mama-mamico:20170523183332j:plain

注いだロウが固まったら、紙コップをぺリペリ剥がすと
ボタニカルな雰囲気たっぷりの、お花のキャンドルが出来あがり♡

f:id:mama-mamico:20170523183349j:plain

そうなのーー。
とっても簡単なのに、紙コップを剥ぐまではどんな雰囲気になっているか分からないので
紙コップをべりべリやったときの

きゃー♡かわいいーー♡

という気分がすっごく楽しくて、作る楽しみ&剥いだ時の楽しみと
2度楽しめるのがお得なのーー

f:id:mama-mamico:20170523183405j:plain

キャンドルに閉じ込めた青いお花は、花瓶に飾っているのと同じデルフィニウム

フレッシュな時も、ドライになってからも
同じように美しさを楽しませてもらえるって、お花はスゴイなぁ~

f:id:mama-mamico:20170523183416j:plain

うふ。
ワークショップで作ったものみたいな大きなものは、まだママには作れないけれど(100均じゃ道具が揃わないので…)
お花をドライにするのも楽しいし、キャンドル作りも楽しくて
新しい「好き」を見つける事が出来て、すっごく嬉しいよーー

f:id:mama-mamico:20170523183426j:plain

炎を灯すと、キャンドルの中から花びらが明るく揺れるように透けて
これまた幻想的でロマンティックなんです。

作る楽しみ、灯す楽しみ、心が潤う幸せな一時。


しばらくはバタバタしていて、キャンドル作りもオアズケ状態ですが
また少しずつ、日々を記録していけたら…というか
記録できなかった日々の話なども、ちょこまかしていけたらと思っています。

こんなママとギンにーたんと仁イヌを
これからもどうぞよろしくおねがいします。(ペコリ)