ギンにーたんとジン犬

猫の銀太くん(ロシアンブルー 男の子)と、犬の仁くん(チワワ 男の子)の成長記録です。

ブオーッ、ブオーッという音と、小さな祈り

f:id:mama-mamico:20170829181346j:plain

まだベッドの中で夢の世界にいた私たち。
今朝、6時2分にもの凄いけたたましい音でスマートフォンが鳴り響き

なにごとっ!!!

と手にすると「Jアラート」の緊急速報…

f:id:mama-mamico:20170829181356j:plain

あはは。
ジェイアラートって、ジェラートと似ているけれど全然違うんだよーー。

ううん、むしろそれくらいほのぼのとしていて欲しいけれど
Jアラートは「国民に危険が迫っていますよ」という、
あまり鳴って欲しくない警報なの。

f:id:mama-mamico:20170829181405j:plain

1度めのアラートは「ミサイル発射」というもの。

f:id:mama-mamico:20170829181420j:plain

本当に怖い事だよね。

2度目のアラートは「ミサイル通過」に関する警報で、
ママたちの住む地域(とっても広範囲にわたって)の上空をミサイルが通過した…というもの。

f:id:mama-mamico:20170829181436j:plain

本当に、想像もしていない現実だよね。

幸いなことに、ママもギンギンも仁くんも
平和で安全な国に生まれて、一度も戦争を体験したことがなくて恵まれていたから
自分たちでは防ぎようもない恐怖や、身近に危険が起こるなんて
少しだって想像したことがなかったのに、ね。

f:id:mama-mamico:20170829181457j:plain

未来のことは、ママには分からないけれど
戦争になんてなって欲しくないと願う事と、祈りを捧げるくらいしか出来ないけれど
「泣かずにほめて」を思い出す事って、とても大事なことだと思うの。
(注:泣かずにほめて … http://gin-jin.hatenablog.com/entry/2016/08/09/183755

gin-jin.hatenablog.com

f:id:mama-mamico:20170829181551j:plain

うんうん。ギンギンの言う通り。

正義の形や解釈は、立場が変わればいくつもあるし
どの戦争や争いにも「それぞれの正義」があるのだと思うけれど

沢山の人を殺したり、命を盾に戦う事で
悲しむ人がその周りに沢山いる

それって、いいことじゃない。

正義を主張する方法は、命や人を殺そうとするミサイル、脅しや核兵器を使わなくても出来る事。

f:id:mama-mamico:20170829181611j:plain

うんうん。そう思う。

ママは生れた時から戦争が身近にない場所にいて
実際の戦争や紛争の中で暮らす人の事は、想像することやニュースを見ることで知る事しかできていないけれど

そこで暮らす人が、
心から笑顔で
美味しいものをお腹いっぱい食べて
好きな仕事を選んで、恋に悩んで、好きな事を楽しんで
自分の未来に夢を見れる

そんな風に暮らせてはいない、って思っています。

それは、少しも素敵なことではないから
だから、お互いに傷付け合う「戦い」をすることは、いい事ではないって思うの。

誰かを傷付けてしまった側も、
戦争に勝利した後で、後悔や自責の念をもつことだってある。

それって、誰にとっても幸せな環境ではないものね。

f:id:mama-mamico:20170829181623j:plain

つい昨日、お仕事で護國神社へ行く用事があったので
境内前にある、戦争に行った方のお手紙を見てきました。


悲しむな。嘆くな。
達者で居ろよ。


どんな思いで、愛する奥さん、宝物である子どもに宛ててこの手紙を書いたのでしょう。
どんな思いで、手紙を受け取った家族は、現実と折り合いをつけようとしたのでしょう。

f:id:mama-mamico:20170829181645j:plain

難しい事や、どうしたら平和になって戦争がなくなるかは
ママには少しも分からないけれど

サヤウナラ

って、戦いのために命の最後をしたためる手紙を書くような未来になって欲しくはない。

毎日の生活の中では
絶望したり、クヨクヨしたり、眠れないほど悩んだり
時には投げだしたい事の連続に、自分を卑下したりすることもあるけれど
それでも私たちの暮らす環境は、幸せに縁取られた安心できる環境。

ケンカはダメだよ。
間違った事をしたら、あやまろう。
人を泣かせたり、苦しませたりしちゃいけないよ。

幼稚園で習う、これくらい簡単な事なのに、いざとなるととても難しい。


どうかどうか
美味しいものを笑って食べて、疲れたー、ってベッドに飛びこめる
何もないくらい平和な毎日が、この先も続くように。

そしてその安心で平和な日々が、少しずつでもいいから世界中に広がる事を祈って…