ギンにーたんとジン犬

ギンにーたんとジン犬

猫の銀太くん(ロシアンブルー 男の子)と、犬の仁くん(チワワ 男の子)の成長記録です。

卵巣のう腫の入院生活…04

f:id:mama-mamico:20180410171829j:plain

どもありがと!!

本当に、わずか3秒…と思う位にあっという間に手術を終えて
ママはベッドに寝かされたまま、ガラガラと病室へ戻ってきました。

------------------------------------------------------

【注意】
この先、ママの術後の写真を掲載予定です。
あまり見やすい画像ではないので、イヤな方はココでお戻りください。

 

 

 

 

 

 

f:id:mama-mamico:20180410171901j:plain

病室に戻ってきて間もなくの1枚。
ミユキちゃんにお願いして、撮っておいてもらいました。

顔の中央をちょっとぼかしてしまいましたが
やはり麻酔をかけたからなのか、少し青白い顔色をしていました。

f:id:mama-mamico:20180410171910j:plain

手術する間に髪の毛が邪魔にならないように被った帽子と
術後2時間、動いちゃいけない(寝返り等禁止)と言われている間は
酸素マスクをつけていました。

f:id:mama-mamico:20180410171921j:plain

麻酔をしてすぐに、背中に細い管を通して痛み止めのお薬を入れてくれていたそうで
傷の痛みは最初ちょっと感じたものの
短時間で看護師さんが様子見にきてくれるので、その時に「痛いです」と言うと、痛み止めを投与してくれ、術後の傷の痛みはあまり辛くはありませんでした。

で、入院中で一番つらかったのが
術後の動けない2時間でした(涙)

f:id:mama-mamico:20180410171941j:plain

怒られたりはしないと思うけれど、
いろんな機械が固定されて付いていて、まっすぐの形から動けないの~~

病室のベッドはとっても固くて、
ママは枕の高さもちょっと合わなかったこともあり
とにかく背中と頭が痛くて、踵がギシギシと痛みや熱を持ち、身動きできないってこんなに辛い事なんだ!!というのを体感しました。

麻酔がまだ残っていて、2時間があっという間ならいいのに…と思う位に長い時間でした(涙)

f:id:mama-mamico:20180410171951j:plain

うううっ。思い出しても、本当に過酷な2時間でした。
(といっても、麻酔が合わなくて吐く程苦しい人や、傷が痛くて眠れない人と比べたら、ママの苦しみなんて小さいんだけど…)


2時間がたって、看護師さんが酸素マスクと帽子を取りに来てくれて


少し動けそう??


という声掛けに激しくうなずき、固定されている機械を調整してもらい
ベッドについている柵を握って、体を右にひねった時の爽快感!!!!!!

f:id:mama-mamico:20180410172008j:plain

そうなのよ。
寝るにしても、身動きが取れないのは苦痛でしかなくて
動けるって事は、どれだけ幸せなのかを身を持って学びました。(きっぱり)

f:id:mama-mamico:20180410172336j:plain

体の向きを変えOKをもらってからも
体には沢山の管(点滴・痛み止め・尿バック・足のエアー・心電図)が付いていて
やはり傷が痛い事もあり、お腹に力が入れられず
少しだけ途方に暮れていたところ、看護師さんが持ってきてくれたクッションのような枕に
まるまる2日、助けてもらいました。

これを向き代えした体の反対側に差し込むと
力を入れなくても体が固定されて、あるとないでは天国と地獄くらいの違い。

麻酔が切れてくると、全身が寒くなって発熱するとも言われていましたが
ママは少し発熱した程度で、高熱に苦しまずにすんで
術後の経過は順調でした。

f:id:mama-mamico:20180410172352j:plain

うん。

といっても、何度も目覚めてしまい
身動きは体を左右に動かす程度しか出来ないため
朝が来るまでが、とても長く感じられました。

夜も1時間置き位に看護師さんが見に来てくれて、本当に感謝でした。


荷物に持参した『めぐりずむ』アイマスクを枕元に置いて手術に行きましたが

これも眠れない時間に大活躍してくれました。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

手術当日は、絶飲絶食だったのですが
翌日、足についていたエアーポンプと心電図の機械が外れ
看護師さん達が体を拭いてくれてしばらくたってから
お水を飲むことが許可されました!!!

手術翌日は、まだ尿バックが付いているため
ベッドの上で体を上げる所までが目標と言われ、
ベッドのリクライニングをフル活用し、読書したりテレビを見たりしました。

翌日はお水の摂取はできるようになりましたが、まだ絶食です。

f:id:mama-mamico:20180410172410j:plain

点滴をしている事と、ベッドから降りられない事もあり
お腹自体は空かなかったから、これについては特に苦痛を感じる事はなかったんだよーー。

------------------------------------------------
術後2日目。
午前中に尿バックを外してもらい、背中の痛み止めと点滴だけになり、一気に身軽になり食事も取れるようになりました。

f:id:mama-mamico:20180410172443j:plain

術後初めての食事は
●おもゆ
●具のないお味噌汁
●くたくたに柔らかく茹でたホウレンソウ
●柔らかい玉子焼き
●ほうじ茶

久しぶりの食事でしたが、動いていないので食べきれず半分以上残してしまいました。

f:id:mama-mamico:20180410172457j:plain

夕食は、少しお米の粒が増えました。
●3分粥
白身魚ブロッコリーの柔らか煮
●やわやわのマカロニサラダ
●柔らかく似た大根
●みかん
●ほうじ茶

冷たく甘いみかんが、何よりも美味しく感じました。

f:id:mama-mamico:20180410172505j:plain

尿カテーテルが外れたことで
ゆっくりではあっても歩いて自分でトイレに行けたり、談話室でお喋りしたり
一気に「回復したー」と言う気分でした。

ただ、手術の日から数えて丸3日。
シャワーが出来ないので、体は汗ふきシートでこまめに拭くものの、やっぱりサッパリはせず
頭はギトッとして、自分の体から『男らしい香り』がしたのを覚えています。

これはなかなか辛かったーーー


さてさて、長々続けている入院記録も、あと少し。
次は退院に向けてです!!