ギンにーたんとジン犬

ギンにーたんとジン犬

猫の銀太くん(ロシアンブルー 男の子)と、犬の仁くん(チワワ 男の子)の成長記録です。

金の斧・銀の斧・湖のマミコ

f:id:mama-mamico:20180629143411j:plain

え???
何言っちゃってるの???

別に「うーわ!」ってなるようなものでもなんでもないんですけどー(憤慨)

f:id:mama-mamico:20180629143420j:plain

ちょ、ちょっとーー。
くっさ!!といか言うのやめてくれない???

別に臭くなんかありませんから!!!(必死)

f:id:mama-mamico:20180629143442j:plain

…え、えーーっと。

別に「足臭問題」について論じている訳ではなくってね、
見て欲しいのはコ・レ!

ってか、異臭はしない…って。
ちょ、マミコディスリ、ひどくなぁ~?(← 女子高生口調で。だるそうに)

f:id:mama-mamico:20180629143453j:plain

…え、えーっと。
仁くんがカットインしてきて、うん、仁くんは元気だしちゃんといるよ!って伝わったと思うんだけど
ほら、たったさっき

見て欲しいのはコ・レ!

って言った直後だったから、仁くんを見て欲しいの♡みたいになっちゃってるよね???

いや、仁くんのことも見て欲しいのは欲しいんだけど…

f:id:mama-mamico:20180629143501j:plain

はわわ。はわわ。
仁くん、泣かないで!!!

泣かないでぇ~、泣かないでぇ~(By 光GENJI

あやまらなくっていいからね。
かわいい仁くんの登場に、みんな「いえーぃ!」ってなってるから!!!

f:id:mama-mamico:20180629143534j:plain

ほんと、遠回りしました。(ぜぇぜぇ)

見せたかったのは、ネイビーのペディキュア。(複数本がオールゴールドラメ)

いつも、ママは明るめの色をペディキュアにしていたんだけれど
先日、ユカリちゃんが「ネイルホリック」の限定色のネービーをペディキュアにしたのを見て

やだぁ~ か~わ~い~うぃ~(← くねくねした女子高生口調で。甘く)

って思ったので、早速マネしたの。

nailholic.jp

f:id:mama-mamico:20180629143607j:plain

ぐふふ。買い足しちゃった。

ママは最近「ウィークリージェル」というマニキュアのように使えて、ライトで硬化させるジェルネイルに夢中なのね。
手軽に使えて、ぷっくりとしたジェルの感じが楽しめて、何より1週間くらいでペリッと剥げるのがお手軽。

マニキュアはマニキュアならではのカラー展開が魅力だけれど
乾かすまでにうっかりどこかに触ったりした時に「ああーーっ」ってなっちゃうけれど
これは、すぐにライトで硬化してくれて


ほんと、楽!!

homei-nail.jp

f:id:mama-mamico:20180629143653j:plain

あはは。確かに。カニ

かわいらしくて女子っぽい色は1本だけだね…

f:id:mama-mamico:20180629143713j:plain

このジェルは、1本1,000円なので、油断してあれこれ買おうとすると、あっという間に高額になってしまうので
買う時は色選びに慎重になります。

今回は、ペディキュアに使った濃い夜の空みたいな濃紺と
少しだけグレーがかったスモーキーな水色とカーキ。(夏にも使える濃い色だけど、秋にも行けそう…というお得色)

そして、グラデーションにしたらシロップみたいになりそうなかわいいピンクを買いました。

f:id:mama-mamico:20180629143722j:plain

…お、おぅ。手厳しいわね。

確かに、毎日の生活に追われると、爪先までキレイ!を意識するのは時には「めんどくさー」ってなる事もあります。

けれど、ふとした時に目に入る自分の指先が、ツヤツヤで綺麗だと
自然と「うふふ♡」という気分になるんです。

これが、女の子マジックかしら???

マニキュアやペディキュアは、しなくても困らないし生活に必要か?と聞かれると、あくまでオプション的なもの。
そして、一度手抜きというか「めんどくさい」の波にのまれると、あっという間にケアを怠ってしまう場所。

時々は、オフして爪に栄養をあげるためにマニキュアをお休みする時はあるけれど
それ以外は、できるだけキレイにして女であることを楽しもう!とママは思っています。

f:id:mama-mamico:20180629143735j:plain

…あ、ありがとう。
仁くん、それって肯定的な褒め言葉って思っていいんだよね?

スッピンの汚いマミコちゃん…って、湖に落とした「金の斧」「銀の斧」みたいになってるけど…


ま、どんなママもママだけれど、どうせならキレイにしていたいし、磨いていたい。
それは、背伸びして頑張り過ぎるような程ではなく、ほんの少しだけ手間をかけるという意味で。

女はいろいろ手間をかける必要があって、時にそれがめんどくさーい!って思う事もあるけれど
手をかける楽しみも、またある訳で…

今生は「人間の女、ただ少しだけ難ありなので頑張りなさいよ!」としてこの地球に生を受けたわけですし
どうせ「女」をやっていくなら、女道を楽しみ尽くそう。

さーて、男らしいネイルカラーの中の「紅一点」のピンクネイルで
かわいい女の子に変身しようかな???