ギンにーたんとジン犬

ギンにーたんとジン犬

猫の銀太くん(ロシアンブルー 男の子)と、犬の仁くん(チワワ 男の子)の成長記録です。

眼瞼下垂の手術記録 … その2

f:id:mama-mamico:20180712183221j:plain


超ざっくりと簡潔に、まとめてくれてありがとう。

というわけで、眼瞼下垂の手術についてです。

f:id:mama-mamico:20180712183232j:plain

手術は金曜日の午後から1時間程度と言われていて
午前中は仕事に行き、午後休みをもらって病院へ行きました。

事前に言われていたのは
●局部麻酔をするため、手術の2時間前から飲食禁止
●当日は顔や頭を洗えないので、事前にシャワーをしてくるのがオススメ
●普段の眉メイクに合わせて切るラインを決めるため、スッピンでも眉メイクだけはする(眉マスカラはNG)
●人によっては腫れや内出血が酷いこともある
●当日は車の運転は禁止

午後休みをもらって、一目散に帰るとシャワーを浴びて洗髪・洗顔をして
眉だけ描いて、スッピンで病院へ!!!

f:id:mama-mamico:20180712183540j:plain

手術当日のまぶたです。


車の運転ができないので、余裕を持って早く出たら30分ほど早く着き過ぎて時間をもてあまし…

f:id:mama-mamico:20180712183508j:plain

これから手術だというのに、
お花や割れせんべいを買ったら、にわかにテンションが上がるママ。(アホです)

f:id:mama-mamico:20180712183559j:plain

話、ぐーーっと逸れちゃうんだけど
お花と割れせんべいを買った商店街の中に、顔ハメがあったんだけど
なんか、違和感感じてパチリと撮ったのね…

まず、メインの顔位置の顔穴が異様に長くない???
そして、もう1つ顔ハメ用の穴があるんだけど、ここ、顔じゃなくね???
顔につながる体がなくて、オカルト系だよね???

f:id:mama-mamico:20180712183611j:plain

病院では受付をした後、いつも通りに待合室で番号を呼ばれるまで待ち
その後、看護士さんに呼ばれて別室で手術着(健康センターで着るような上下)に着替えて髪をバスキャップのようなものにまとめて入れてから、手術室へ。

f:id:mama-mamico:20180712183622j:plain

うん。
局部麻酔での手術、これももちろんママは初体験だったのですが
指先に脈拍を測る機会をつけた後、先生がやってきて術前記録でパチパチと写真を撮った後
手術台に寝ると、眉の付け根から「麻酔しますね~」と注射をされます。

ってか!!!!!

細い針が、眉の下からググッと入ってきて麻酔薬を投与されるのですが
これが痛いのなんのって!!!!

f:id:mama-mamico:20180712183634j:plain

そうなのよーー。
卵巣のう腫で手術をした時は、全身麻酔で痛みを感じるも何も「2秒で落ちて3秒目に気付いたら手術終了」という位、意識がなくて痛みもなかったのですが
局部麻酔というのは、全然違うのね…

先生曰く

今日はこの麻酔が一番痛くて、これさえ乗り越えれば、今日はもう終わったも同然だから!!

という位、麻酔が痛いのだそうです。

泣きたいくらい痛いのをこらえ、麻酔が終わると先生が上からググッと抑えるようにして麻酔をまぶたに効かせて
まぶたの上に先生がマジックのような感触のもので線を描いた後、いよいよ手術開始です。

f:id:mama-mamico:20180712183653j:plain

ええ、そうよ。
全てしっかり覚えているわ。

だって、局部麻酔は麻酔が効いている部分の痛みは感じないけれど
感触分かるし、眠っていないから音もしっかり聞こえるんだもん。

なんていうか、前の手術よりも怖かった…

f:id:mama-mamico:20180712183708j:plain

まぶたの余分な皮膚は、ハサミではなくメスで切るので切る音はしないのだけれど
先生が看護士さんに指示を出す音や、器具がカチャカチャという音は聞こえるし


痛みは感じないけれど、感触(切られている・縫われている)があるので気持ち悪いかもしれません


と言われていた通り、縫われている感触が、なんとも怖かった…

f:id:mama-mamico:20180712183722j:plain

ママ、無知だったから浮かれてお買い物なんかしながら手術に迎えたけれど
もしも次回、局部麻酔で手術が必要なことがあったら、こんなに浮かれて病院へ行く事はないと思うわ!(キリッ)

でね、顔の手術は麻酔が多ければ多い程腫れるらしくて
麻酔は最小限で行うので、少しでも痛いと感じたら麻酔を追加するシステムで
案の定、チクチクする感じが出てきて、麻酔を追加されたんだけど、麻酔が切れてくるとちゃんとチクッとするのも体験しました。

でね、先生は『形成外科』という職業柄か
ママのまぶたの手術中、伸びた皮膚を切り取って縫い合わせた後の「二重のバランス」がすごく気になるようで


うーん。左の方が二重幅が広いんだよなー。
うーん。右と揃わないよなー。生まれつきだからしょうがないんだけど…。

うーん。二重を直したいけど、これは保険外の手術だからなー。


と、心の声を口に出してくれたおかげで、思いっきり先生の葛藤がダダ漏れしてたの…

f:id:mama-mamico:20180712183822j:plain

…ま、まぁね。
先生的には、やっぱりバランスが気になるんだろうな~、と思いつつ
手術は1時間程度で全て終了し、そのまま麻酔が切れるまで30分程度アイシングをしながら横になって、再度先生の診察・処置をしてもらい、着替えて終了。

f:id:mama-mamico:20180712183840j:plain

手術の後は、大きなガーゼとテープで処置をされ
翌日に傷の確認をするまでは、このままにしておくよう言われ、痛み止めをもらって病院を後にしました。

f:id:mama-mamico:20180712183850j:plain

痛みや腫れは個人差があって、全く痛くなく腫れない人もいれば
お岩さんのように腫れあがる人もいるそうで、ママは術後すぐは余裕かな?と思っていましたが
少しずつ腫れだし、術後3日位までは腫れが酷かったです。
(とはいえ、それでもいい方なのだそう)


手術そのものは、感触や音などで「こわいよー」と思う部分もありましたが
特に痛みで苦しむ訳でも、長時間でもないので、簡単に終われてすぐに帰ることもできましたが
やっぱり切開しているだけあって、予想外に腫れたり痛みがあったりしました。


またもや長くなったので、お話は続きます。